〒752-0975 山口県下関市長府中浜町4-6 083-246-2210
メールでのお問い合わせはこちら
長府駅の福田歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

歯科 歯周病治療 訪問歯科・往診。口腔外科、自費診療も取扱っております。山口県 下関市 長府 福田歯科医院

義歯(入れ歯)治療

MOBILE SITE
HOME»  義歯(入れ歯)治療

義歯とは

一般的に“入れ歯”と言われる、取り外し可能な咬み合わせの保全装置です。
義足や義手と同じように、口の中の歯と歯ぐきが無くなった部分を補います。
入れ歯を入れることによって頬のふくらみや唇のふくらみを回復し、顔を若々しくみせることもできます。

大きく分けて2種類に分けられます。
1つは、歯列の一部が無くなったところに入れる「部分床義歯」。
もう1つは、歯が全てなくなったところに入れる「総義歯」です。

義歯の特長として、改造が比較的簡単に出来ることが挙げられます。
歯にトラブルが起きた時、早急に対応でき、快適に使うことができます。

義歯を入れないとどうなる?

歯が無くなると、顎や口の周りの筋肉をとどめるところが無くなり、過剰に動く状態になります。
そうすると、咬み合わせのバランスが崩れ、咬めなくなります。
顎の骨にも負担がかかり、顎に痛みがでる顎関節症を引き起こすこともあります。
また、歯が無くなることで顔の筋肉のバランスも悪くなり、顔貌に影響がでます。

それらを早急に防ぐため、歯のない所には何か歯の代わりを補う必要があります。
歯を補う方法は、今の時点ではブリッジ、インプラント、義歯の3つです。
3つの違いについて以下のリンクに詳しく書いてあります。

欠損補綴(歯を失ってしまった後の治療)

たくさん歯を失ってしまった場合、義歯が一番早く咬み合わせや見た目を回復することが出来ます。
しかしながら、違和感は出やすく、慣れる期間が必要です。

義歯について

・部分床義歯(一部分の入れ歯)
歯列の一部が無くなったとき、入れることが出来る義歯です。
残っている歯にバネ(クラスプ)を引っ掛けて保持します。
歯が無くなった部分には、人工の歯(人工歯)と人工の歯ぐき(床)を補い、ふくらみやかみ合わせを作ります。
左右の歯が無いときや片方だけでは咬む力に耐えられないとき、金属製のバーやプラスチック製のバーで反対側の歯や入れ歯とつなぎます。

1歯~最後の1本が残っている状態まで対応でき、適応症が最も多いと言えます。

ただし、違和感が出やすいので、慣れる期間が必要です。また、残った歯に負担をかけるので、負担をかける歯も注意深く治療しなければなりません。
材料や作り方などを工夫することで、違和感が少なく、見た目も自然で咬みやすい物を作ることも可能です。
定期的な調整が必要になります。

・全部床義歯(総義歯)
全ての歯を失ってしまった場合に入れます。
顎の粘膜に吸盤のように吸い付く力と、頬・唇・舌などの筋肉の力で保持します。
歯はないので、負担は全て口の粘膜が受け止めます。
安定感などは、中途半端に作られた部分義歯に比べると格段に良くなりますが、吸着させるための型取りや、咬み合わせの採得は慎重に行わなければなりません。

咬み合わせや吸着のバランスが悪いと粘膜に痛みが出るのと、きちんと調整しないと外れたり浮き上がったりします。厚みや違和感、咬み切る力、話しやすさなどは、材料を工夫することで改善が可能です。

こまめな調整は必要です。定期的に粘膜側の改造をすることがあります。

義歯の種類

・レジン床義歯(保険適応)
プラスチック製の義歯です。保険適応です。
歯を補う処置では、これが一番早く治療を完了できます。

部分床義歯の場合はこれに金属のバネを組み込みます。
歯にかけるバネの金属色が見えるので、敬遠する方もいらっしゃいます。
削れやすく折れやすいため、厚みをある程度確保しなければなりません。
違和感が強く、なれるのに時間がかかります。
食べ物の温度や味を感じづらいです。

・ノンクラスプデンチャー(保険適応外)
金属のバネの代わりにプラスチック製のバネを組み込みます。
厚みを確保するので違和感は強いですが、金属をほぼ使用しないので見た目がきれいです。
たくさんの歯を失ってしまった方にはおすすめできませんが、数本の欠損であれば自然な見た目を獲得できます。
壊れた時の修理が難しく、ご不便をかけることがあります。
部分床義歯の患者さんのみ対応可能です。

・金属床義歯(保険適応外)
金属を薄く、粘膜に吸い付くように作ることで違和感の少ない義歯を作製可能です。
薄くて硬く、壊れにくいです。バネも一体型に出来るので、違和感を最小限にできます。
最も自由度が高い設計が可能です。
温度の伝わりが良く、おいしく食事できると評判です。
数歯の欠損~総義歯まで対応できます。
保険外治療なので、設計によって費が変わります。

・マグネットデンチャー(保険適応外)
残った歯やインプラントにマグネット(磁石)を組み込み、磁力でくっつく義歯です。
歯への負担が軽減でき、磁力で安定しているので不意に外れることがありません。
歯のメンテナンスをこまめにしないと、磁力によって支えの歯が飛び出したり、むし歯で磁石が外れて合わなくなることがあります。
また、マグネットが非常に小さく精密なので、外れたりしないようメンテナンスが必要です。
多数の歯を失っている患者さん~総義歯まで対応になります。
保険外治療です。

・テレスコープ義歯・コーヌスクローネ(保険適応外)
歯と義歯を、茶筒のような機構を使って摩擦力で安定させます。
支える歯への負担が最も少なく、義歯自体小さくすることが出来ます。
ただし、歯を大きく削る必要があります。
また、支えの歯を茶筒様の円柱型にするため、義歯を入れていないと見た目が悪いです。
治療期間が長い義歯です。
自然感のある見た目が確保でき、咬み心地も良いです。
保険外治療でも最も高額になる義歯です。
歯が数本残っている必要があります。

・インプラントオーバーデンチャー(保険適応外)
インプラントを埋め込み、義歯を安定させます。
安定させるために様々な方法があるため、あなたに合った選択肢を見つけることが出来るでしょう。
組み合わせの選択が多くなり、自由度の高い義歯です。
全顎のインプラントより安価に抑えられ、インプラントの本数も減らせます。
手術が必要になり、治療期間がかかります。
義歯とインプラントの併用なので、インプラントの本数と義歯の選択によって費用が変わります。

義歯の治療の流れ

まず、お口全体の状態を把握します。
義歯を快適に使うには、残っている歯、歯ぐきの状態、粘膜の状態、舌の状態、口の周りの筋肉の状態、顔貌などを把握し、良い状態にしておくことが必要です。
良い状態になっていれば、設計を考えて全体を整え、型を取ります。
型を取ってから義歯が入るまで、咬み合わせの採得、完成前の歯並び・咬み合わせ・高さの確認、人によっては上下の顎の位置・左右の顎の位置を確認して、ようやく完成です。
咬み合わせが決まらない人や、歯周病やむし歯で治療をたくさんしなければならない人には、仮の義歯を作って数か月試してもらい、完成に至るケースもあります。
完成後は、お口になじむまで使ってもらい、徐々に義歯に慣れてもらいます。リハビリのような感じです。使ううちに筋肉や粘膜が慣れてきて、ようやく自分の歯として使っていけるようになります。そうなれば治療終了です。
ただし、数か月に1度の義歯調整を行わないとまた不安定になります。口の中の状況は日に日に変わっていくからです。
このように調整を繰り返し、定期的に合わせることで、義歯を長持ちさせることが出来ます。

 

料金表はこちら>>

このページのTOPへ戻る